(5月30日時点)新型コロナウイルス感染症の拡大防止に関するお知らせ

2020/05/5 Category りぶら市民活動センター

(5月30日時点)新型コロナウイルス感染症の拡大防止に関するお知らせ

新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から行っていた臨時休館の措置を解除し、6月1日から再開いたします。引き続き感染拡大防止の対策を講じながらの開館となりますので、発熱など体調の悪い方はご利用をお控えいただきますようお願い申し上げます。こまめに手洗い、うがいを行い、マスクの着用などの咳エチケットにご配慮いただき、感染拡大防止にご協力ください。

なお、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から
当センターが管理する活動コーナーおよび印刷作業室の運用を以下の通りとさせていただきます。
【対象期間:令和2年6月2日(火)~市による制限解除の判断が出るまで当面】

〈 活動コーナー 〉
打合せ、学習利用などの一般利用を中止させていただきます
OKa-Biz中小企業特別相談窓口の臨時相談所が開設されます
※印刷作業室入室の待合室、印刷作業後の作業スペースとして一部開放いたします

〈 印刷作業室 〉
・入口にアルコール消毒液を設置します。アルコール消毒のご協力をお願いいたします
・密集を避けるため、原則一団体ずつ必要最小人数での入室をお願いしています
→ 受付対応にお時間をいただく場合がございます。

ご不便をおかけしますが、ご理解いただきますようお願いいたします。
★りぶら市民活動センターのホームページはこちら

関連記事

QURUWAシンポジウム「QURUWA新章突入~あなたはどこで何をする~」

QURUWAシンポジウム「QURUWA新章突入~あなたはどこで何をする~」

本市は乙川リバーフロント地区で、QURUWA戦略を推進しています。昨年7月に籠田公園がリニューアルオープンし、続いて11月にオトリバーサイドテラスがグランドオープンするなど、新たな拠点が生まれています。河川空間の整備も進み、今年3月には桜城橋が完成するなど、乙川リバーフロント地区の整備は大詰めを迎えています。乙川や籠田公園、康生通り、連尺通りといった、河川、公園、道路などの公共空間を活用する取り組みも行われ、まちの風景や過ごし方、人の流れも変わり始めています。いよいよこれから民間ならではの視点、アイデアで魅力的な暮らしを描き、それを実現する新たな事業やプロジェクトを仕掛ける段階に突入します。今回のシンポジウムでは、QURUWAで何が起きているのかを踏まえ、暮らす人、働く人、訪れる人、そして周辺エリアにもよい影響をもたらす事業やプロジェクトの具体的イメージ(QURUWAエリアへの出店・事業所移転、他のコンテンツや事業者との連携など)を膨らませます。日時:2020年2月1日土曜日14時~16時30分(開場13時30分)場所:市役所福祉会館6階ホール(朝日町)費用:無料定員:200名(当日先着)参加希望者は当日の議論に反映するため、申請フォームの入力にご協力ください。(https://forms.gle/rKm4L2D4J8BSo2ev6)内容:第1部話題提供QURUWAの未来予想図第2部パネルディスカッションあなたはどこで何をするパネリスト・藤村龍至氏東京藝術大学美術学部建築科准教授・清水義次氏アフタヌーンソサエティ代表・西村浩氏株式会社ワークヴィジョンズ代表取締役・泉英明氏有限会社ハートビートプラン代表取締役・伊藤孝紀氏名古屋工業大学大学院建築・デザイン分野准教授