特定非営利活動法人 岡崎まち育てセンター・りた

団体名の由来

この岡崎のまちに潜在する魅力や歴史、先人たちが築いてきた文化から新たな芽、まちを「育てる」ということを特に意識して、岡崎ならではの「まち育て」を実践し、自分たちのまちは自分たちで育てて行きたいと考えています。
また、現代社会で忘れがちな「利他」
(他人に利益となるように図ること。自分のことよりも他人の幸福を願うこと。)
をネーミングとし、「ひと育て」も意識して取り組んで行きたいといった意味も込められています。

facebook

Recent From the Blog

'リニューアルのお知らせ

この度、『りた』WEBサイトのリニューアルを致しました。

Read More...

Sorry! There are no recent posts.