【好評につき増席しました!】市民活動を広げるための広報講座 伝わる情報って何だろう?

2019/10/10 Category つなぐ , 市民活動支援 , りぶら市民活動センター

【好評につき増席しました!】市民活動を広げるための広報講座 伝わる情報って何だろう?

まちづくりや市民活動を行うなかで、ぶつかるさまざまな広報の課題…「人が集まらない」「仲間が増えない」「SNSを使っているが効果が出ない」etc
情報があふれる社会の中で自分たちの活動をどのように伝えればよいのでしょうか?
この講座は、公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会「PRプランナー」であり、特定非営利活動法人Mブリッジで代表理事をつとめる米山哲司さんをお招きし、広報(=Public Relation)の本質的な内容から、情報化社会における情報発信のコツなどについて、グループワークを交えながら学びます。

日 時:2019年12月13日(金) 18:00~20:30 (17:30より受付開始)
場 所:岡崎市図書館交流プラザりぶら 会議室301
参加費:無料
定 員:40名→60名に増席
詳細はこちらからご覧ください。

関連記事

QURUWAシンポジウム「QURUWA新章突入~あなたはどこで何をする~」

QURUWAシンポジウム「QURUWA新章突入~あなたはどこで何をする~」

本市は乙川リバーフロント地区で、QURUWA戦略を推進しています。昨年7月に籠田公園がリニューアルオープンし、続いて11月にオトリバーサイドテラスがグランドオープンするなど、新たな拠点が生まれています。河川空間の整備も進み、今年3月には桜城橋が完成するなど、乙川リバーフロント地区の整備は大詰めを迎えています。乙川や籠田公園、康生通り、連尺通りといった、河川、公園、道路などの公共空間を活用する取り組みも行われ、まちの風景や過ごし方、人の流れも変わり始めています。いよいよこれから民間ならではの視点、アイデアで魅力的な暮らしを描き、それを実現する新たな事業やプロジェクトを仕掛ける段階に突入します。今回のシンポジウムでは、QURUWAで何が起きているのかを踏まえ、暮らす人、働く人、訪れる人、そして周辺エリアにもよい影響をもたらす事業やプロジェクトの具体的イメージ(QURUWAエリアへの出店・事業所移転、他のコンテンツや事業者との連携など)を膨らませます。日時:2020年2月1日土曜日14時~16時30分(開場13時30分)場所:市役所福祉会館6階ホール(朝日町)費用:無料定員:200名(当日先着)参加希望者は当日の議論に反映するため、申請フォームの入力にご協力ください。(https://forms.gle/rKm4L2D4J8BSo2ev6)内容:第1部話題提供QURUWAの未来予想図第2部パネルディスカッションあなたはどこで何をするパネリスト・藤村龍至氏東京藝術大学美術学部建築科准教授・清水義次氏アフタヌーンソサエティ代表・西村浩氏株式会社ワークヴィジョンズ代表取締役・泉英明氏有限会社ハートビートプラン代表取締役・伊藤孝紀氏名古屋工業大学大学院建築・デザイン分野准教授