乙川リバーフロントQURUWAシンポジウム「暮らしを豊かにするまちの使い方最前線」

2018/08/8 Category つなぐ , 育てる , 場づくり , まち育て推進 , 乙川リバーフロント地区まちづくりデザイン業務

乙川リバーフロントQURUWAシンポジウム「暮らしを豊かにするまちの使い方最前線」

「公共空間の使い方で、まちを歩く人の流れが変わる」ことが、昨年の社会実験『MeguruQuruwa』で検証されました。
QURUWAの回遊性の具現化に向けて、今年の11月頃に康生通り等で地元まちづくり団体による「まち歩きが楽しいまち」、「魅力ある、来やすいまち」を目指した道路や駐車場再構築の社会実験が予定されています。
本シンポジウムでは、乙川リバーフロント地区において公民連携で目指すまちの未来の暮らしのイメージを高めます。

【プログラム】
[第1部]
話題提供「康生通の未来に向けた挑戦(株式会社まちづくり岡崎による社会実験のねらい)」
[第2部]
パネルディスカッション「暮らしが豊かになるまちの使い方最前線」
・皆で考える通りのあるべき姿(ストリートデザイン)とは
・通りにとっての駐車場のあるべき姿とは

日 時 2018年9月17日(月・祝) 14:00~16:00 [13:30開場]
場 所 図書館交流プラザりぶらホール
参加費 無料
定 員 200名 ※申込不要・当日先着順
詳細はこちらからご覧ください。

関連記事

【岡崎市地域交流センター】新型コロナウイルス感染症の拡大防止に関するお知らせ (8月8日時点)

【岡崎市地域交流センター】新型コロナウイルス感染症の拡大防止に関するお知らせ (8月8日時点)

新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点で行っている活動室・ホールの利用条件については以下の通りとなります。感染症拡大防止の対策を講じながらの開館となりますので、発熱など体調の悪い方はご利用をお控えいただきますようお願い申し上げます。こまめに手洗い、うがいを行い、マスクの着用などの咳エチケットにご配慮いただき、感染症拡大防止にご協力ください。●活動室・ホール・下記の利用条件を確認いただいた上でお使いいただけます。【対象期間:令和3年8月8日(日)~】※新型コロナウイルス感染症の拡大状況を踏まえ、急遽利用条件を変更する場合があります。1利用当日は検温し、発熱又は風邪の症状のある方、体調の優れない方は来館を控えてください。2マスクを着用してください(ただし演者等は除く)。3手指の消毒やこまめな手洗いをしてください。4人と人との十分な距離を確保してください。5利用人数は、定員の50%以内(※)とし、座席を配置する場合は、原則四方(前後左右)を空けた配置としてください。ただし別添の条件を満たすものは、定員(100%)以内の利用が可能なため、主催者の方は確認書類を別途御提出ください。(※)大声での歓声、声援等が想定される催事において、参加者の位置が固定される場合、異なるグループ又は個人間では座席を1席空けることとし、同一グループ(5人以内に限る。)内では座席等の間隔を設ける必要はありません。それにより定員の50%を超えることは構いません。6飲食又は飲酒を伴う利用は極力控えてください。飲食を伴う利用をする場合は、対面を避け、会話を控えるなどの感染防止措置を徹底して行ってください。7部屋の換気を十分に行ってください。8利用後は、手が触れる場所(テーブル、ドアノブ等)の消毒をお願いします。9利用後は、ロビー等に滞留することなく、速やかに退館してください。【利用料金の還付等について】新型コロナウイルス感染拡大防止のため又は上記「施設の利用条件」を満たさないことから施設利用を取り止める場合は、使用料を全額還付させていただきます。●交流スペース等の公共スペース・印刷作業室やプレイルームへの入室待ちのみ利用可能とします。●交流スペースでのサロン事業(ふれあいイベント、ふれあいサロン)・不特定多数の方が密集することを避けるため、当面の間は中止します。再開時は、各センターのfacebookページ等でお知らせします。●プレイルーム(つどいの広場事業)・当面の間、保育士等が在室する時間のみの開放となります。開放:火~金9:00~16:00/閉鎖:火~金16:00~21:00、土・日・月・祝・3密を避けるため、一度にご利用できる人数に制限がございます。また、混雑時には1家族1時間以内のご利用でご協力をお願いいたします。・自宅で検温をしてからご利用ください。・マスクの着用をしてください。●印刷作業室・印刷工房・密集を避けるため、原則一団体ずつでの入室をお願いしています。

講演~あの時起こったこと!自宅避難から学ぶ「1日1防災」~

講演~あの時起こったこと!自宅避難から学ぶ「1日1防災」~

「まざりんプランツ」「守ろう子どもと赤ちゃん」との合同開催で、宮城県在住のイラストレーター・防災士のアベナオミさんをお招きし、講演会を開催します。アベナオミさんは、完璧を目指しても続かない、面倒でお金のかかる防災から抜け出して、家にあるものを1日ひとつ見直し、必要なものを少しずつ増やしていく「1日1防災」をキーワードに、被災者のリアルな経験をコミックを交えて紹介されています。今回の講演では、アベナオミさんから自宅避難の経験についてお話を伺う他、岡崎で子育て世代の女性を中心に防災意識の啓発・知識のシェア活動を行っている「まざりんプランツ」「守ろう子どもと赤ちゃん」のトークセッションを予定しています。日時:平成30年1月20日(土)13:30~15:00(受付13:00~)場所:やはぎかんホール費用:500円(当日支払も可)申込:応募フォームからお申込みください。内容:⓵アベナオミさんによる講演⓶トークセッションアベナオミさん×まざりんプランツ小松さん×守ろう子どもと赤ちゃん※イベントの詳細はこちらからご覧ください。▼主催団体についてまざりんプランツ:こちらからご覧ください。守ろう子どもと赤ちゃん:こちらからご覧ください。